top of page

【4/1~4/2】「まちなかで森を楽しもう!五感で楽しむ春ピクニックやちよピクニック」

更新日:2023年4月1日




4月1日・2日にかけて開催する、日立さくらまつりに出店します。

当日は、“まちなかで森を楽しもう!五感で楽しむ春ピクニック”をコンセプトとした、「やちよピクニック」を開催し、県北BCPの発表でも登場した八千代商事のオリジナル商品・ネンリントーチやカーボンストックファニチャーに加え、森を感じられる空間装飾やまちを楽しむアイテムが登場する予定です。


《やちよピクニックの開催日時》

日時:2023年4月1日~2日両日とも12:00〜17:00

会場:ひたち銀座モール商店街

※参加無料

 


やちよピクニックの「まちなかで森を楽しもう!五感で楽しむ春ピクニック」で日立市を元気に

今年で58回目を迎える日立さくらまつりは、コロナ禍で開催ができず4年ぶりの開催となります。日立市の春の風物詩として楽しまれ、多くの方が賑わう日立市の名物イベントですが、回を重ねるごとに賑わいは増えていく一方、メインの平和通りには座って食べられるスペースが不足していると考えました。また、コロナ禍で外出する機会が減少した魅力溢れる商店街を活用し、休日のまちなかをピクニックするライブ感やまちの風景をコンテンツ化して、場所に愛着を持ち、地元を好きになってもらいたいと思い企画しました。

今回のチーム八千代商事の出店内容は、日立銀座通り入口に休憩スペースを提供し、休憩スペースを通じて、日立市を元気にしたいと考えております。


株式会社八千代商事の紹介はこちらのページをご覧ください




木材卸売業ならではの6つのアイデアで県北地域の間伐問題、日立市の魅力を再燃させる

木材卸業ならではのアイデアと視点で、素材にこだわった休憩スペースをご提供し、まちの魅力を楽しんでいただきたく、全部で6つのアイデアをご用意いたしました。県北BCPで発表したプロダクトや事業3つを実際にお披露目、新企画3つをご紹介します。

パブリックスペースを利用し、魅力あるコンテンツや空間づくりを行い、来場者の皆さまに居心地のよい時間と空間を提供いたします。


①「やちよピクニック」※今回初披露のコンテンツ

人工芝の上で、のんびりくつろぐことができます。木製パレットを再利用したベンチやオブジェクト、本物に近い素材の人工芝により、まちなかで森を感じられるような空間演出を行います。カンナ削りをした短冊を利用した風でなびく木製リボンガーランドが癒やしの空間を生み出します。また、アロマを利用したクッションなどで五感すべてを刺激し、懐かしい森の記憶や新鮮な時間を過ごせるでしょう。


(※写真はイメージです)

「ネンリントーチ」※県北BCPで発表したプロダクト 茨城県北地域の間伐問題、森林の持続可能な活動を行うべく、地元の森林組合と共に、日立産、間伐材を買付し、自社で運搬から加工までを行います。 “年輪樹齢40数年の間伐材を数時間で燃やす、ロマンと、贅沢な時間を貴方へ”と、思いを込めてネンリントーチというネーミングにしました。また、東日本大震災の経験や着想を経て、このプロダクト開発に至り、燃やすだけではなく、防災等にも活用することができます。



「カーボンストックファニチャー」※県北BCPで発表したプロダクト “都市を森林の貯蔵庫に還す”をコンセプトに、排出されたCO2を吸収し、固定した森林の木材を家具にできるだけ多く利用することでCO2削減に貢献することができる家具プロダクトです。

カーボンストックファニチャーを開発した東京ガスコミュニケーションズと事業連携した八千代商事は、茨城県材の間伐材を利用し、伐採、木材調達、木材加工までを自社で行い、茨城県内全域に展開いたします。



④ 「バシカメラ」※県北BCPで発表した事業

日立市在住の今橋氏は、チーム八千代商事として約半年間議論をしてきた中で、カメラを軸とする事業、バシカメラとして独立することを決意し、自社事業として八千代商事と連携することを2023年1月のプレゼンの際に発表。イベント当日は得意とする写真を切り口に、茨城県材を活用したフォトフレーム作成やオープン写真スタジオ等を行い、ご来場者皆さまの笑顔を撮影します。


 


「スマートベンチ」※今回初披露のプロダクト 日立産の木材に直接触れることができ、五感で楽しむことができるプロダクトです。スマートなデザインなため、まちの風景に溶け込むことができます。また、シンプルな仕組みですが、耐久性はもちろん、座り心地もよく、ゆったりとすることができます。




「チーム八千代商事」※チーム八千代商事としての初イベント 地元日立市を盛り上げたい住民や企業で構成する有志団体「チーム八千代商事」は、個性豊かなメンバーです。役職や年齢も異なりますが、それぞれのスキルやノウハウを生かして、やちよピクニックの世界観を作り出していきます。イベント当日は森をいっそう感じていただけるように、統一感のあるユニフォームで皆さまをお待ちしております。




茨城県知事賞を受賞したチーム八千代商事とは

株式会社八千代商事は1957年創業した木材販売と住宅資材卸売販売業を営む会社を経営しており、八千代の名前に負けないよう末永く、人とまちの「すこやかな未来」を創ることをミッションに事業を展開しています。

自社の強みである茨城県産木材を活用した新たなプロダクトを開発や独自ブランドと新たな販路の確立するために、2022年7月より茨城県が主催する県北BCPのプロジェクトリーダーとして名を上げ、地元日立市を盛り上げたい住民や企業で構成する有志団体「チーム八千代商事」を発足しました。チーム内で約半年間議論、2023年1月の最終プレゼンで事業計画書を発表し、茨城県知事賞(最優秀)を受賞いたしました。




【やちよピクニックイベント詳細】

名称:「やちよピクニック」(日立さくらまつり内コンテンツ)

開催日時:2023年4月1日(土)〜2日(日)12:00-17:00

会場:日立銀座通り(住所)

会場アクセス:JR日立駅より徒歩15分

参加費:入場無料

主催:株式会社八千代商事

企画・運営:チーム八千代商事


【イベントに関するお問い合わせ・取材のご依頼先】

チーム八千代商事(福地、五月女)

MAIL:miki.f@yachiyoshoji.com TEL:090-9978-9923



閲覧数:111回

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page